AGAの主な原因と治療方法を知り、悩みを解消しましょう

まず始めにAGAとはどのようなものかを以下に述べます。

AGA( エージーエー)とは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症をいいます。

AGAの特異的な脱毛症状として、額の生え際や頭頂部の髪が徐々に薄くなっていき、薄毛(うす毛)が進行していきます。

このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。

AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があり、早い人では、10代で症状が現れるケースもあります。

また、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こるとも考えられています。

男性ホルモンの影響を詳しく説明すると、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制してしまうと言われています。

また、AGAを引き起こす他の要因としてヘアサイクルの乱れも考えられています。

健やかな髪の成長を促すこのヘアサイクルが崩れることによってAGAは起こるとも言われています。

次にAGAの治療について調べたことをまとめます。

一般の病院で行われるAGAの治療は、「フィナステリド」という薬の処方による『進行遅延』です。

また、カウンセリングのもと、頭皮や頭髪だけでなく、一人ひとりの原因や生活環境に応じて総合的にケアすることが必要となります。

AGAの治療は、症状を正確に、且つ、早期発見し、進行や新たな発症を抑える、また、早期治療を行うことで段階的に育毛へ導いていきます。

治療の成果が現れるパターンは個人差がありますので、個々に合った治療を継続することが必要になります。

具体的には、まず始めにカウンセリングで治療法を決定します。

初回の診察にて「問診・検査・診断・治療計画の策定・写真データベース作成」などを行い診察終了後、30日分の薬を処方してもらい終了となります。

診察の中には頭皮状態の確認やAGA遺伝子チェックもある場合もあるようです。

可能な病院http://www.josaiclinic.com/

病院によって処方される薬に違いがあるようですが、ある病院は「内服薬」のほかに、成長因子投与治療があります。

これは外側から直接毛根に薬剤を投与していく治療とのことです。

症状がより進行している場合は、体の中と外からの複合的な治療が重要になるそうです。

内服薬は30日分ずつ処方されるので、2度目の診察から1ヶ月ごとの通院となります。

病院によって差異があるかもしれませんが、私の調べた病院は初回以降の診察費は無料なので次回以降はお薬代のみとなります。

毎回、髪の状態を確認し、薬の量を調整していったり、また、効果が出たので一時的に服用をストップして様子を見るなど、個々の状態や経過をみて、以降の薬の処方を検討していきます。

通院期間についてですが、「患者本人が気にならなくなるまで」が目安になるようです。

個々の症状、また個人差もあるようですが、進行が初期の段階であれば数ヶ月で通院を終えるケースももあるようです。